ワタシの不思議な脳みそ

生きづらさの理由はアスペルガー症候群だった。二次障害のうつ病を発症して分かった事実。LA在住40代バツイチクリスチャンの人生奮闘記。

学校も辞めました

目標と希望を失って、学校のことでも追い打ち。

オンラインクラスのページは、私にとってはとても見づらく、はっきりと分からず、手探りでしているうちにNYに行って忙しくしている間にアサインメントをいくつかミスってしまいました。
これが結構大きなものでして、やる気を失って、でもオンラインのクラスはどんな理由があろうとも遅れて課題を出すことは出来ないとのことで、リカバリー不能。

さらにそういう生徒のために、エクストラポイントの課題があったりもするのですが、オンラインはそれもないとのこと。

途中までやっていた課題も無駄になりました。

そして先生からの回答が明らかにイライラしている感じで、全部大文字のメール。

もうそれで完全にやる気を失い、難しいクラスではないのにそれすら満足に出来ない自分に心底うんざりして、もう保育士もしないしと思ってドロップしました。





なんかもうバカみたい。

こんなやつさっさと死ねばいいのにと思う。

今まで死にきれずにここまで来たけど、もううんざり。

自分と生きるのが本当に嫌。

ずっと嫌だったけど、やっぱり嫌だって確信をもっただけ。

引き伸ばされればされるほど、いかに自分がダメ人間か知らしめられるだけ。

早く終わりにしなければまた苦しむ。

もう生きるのが本当に嫌。

どうして命なんてあるの。

命は苦しむために与えられるものだのだろうか。

少なくとも私にはそうだ。

これは神様にどれだけ言っても伝わらない。





でも伝わったところでどうにもならない。

神様がいようといまいと、生きることが辛いことは変わらない。

それは身をもって体験した。

天国とかバカみたい。

あろうとなかろうとどうでもいい。

命が与えられたことは迷惑でしかなかったけど、それはもう分かったから、後はもうさっさと死ぬだけ。

後始末とか本当に面倒くさいけど、生き続ける方がもっと面倒くさいから。














 

目標も消え

私は本当に仕事が出来ない。

今までまともに出来た仕事ってないと思う。

保育士はとても好きだったけど、それももう無理だと悟った。

私のような者にとってこの世で生きることは、可能性を1つずつ消していくことのよう。

ああ、これも出来なかった、これも、そしてこれも…。

機会が与えられることは私にとっては良いことではなく、また1つ可能性が消えていくことを意味する。

出来なくてゴミになってしまったスクラッチペーパーばかりが溜まっていく。

私はこれからどれだけこのスクラッチペーパーを集めていくんだろう。

もういらないのに。

ゴミばかり集まってしまうのは、きっと私がゴミだからだろう。

ゴミはゴミしか集められない。



安楽死が認められているのは、今のところ、私が知る限りは、治る見込みのない末期ガン患者などのみ。

でも精神疾患や発達障害で、本人が希望したら安楽死をさせてもらえないだろうか。

治る見込みがないことも、末期状態で苦しみながら生きていくことも、今安楽死が認められている人たちと条件は一緒のように思える。

でも安楽死という選択は贅沢だ。

苦しまずに死ぬことを誰もが望んでいるけど、それを与えてもらえるのはごく僅かな人。

多くの人は苦しみの中死んでいく。

まともに生きてきた人だって苦しんで死んでいく人がいるのだから、私のようなゴミが安楽死を願うなんて図々しい話かもしれない。

ゴミの最後はどうなるのかな。

どんな形でもいいから、早く終わりがきて欲しい。

だけどその終わりをただ待っているっていうのもゴミらしい。

自分で終わらせることは出来るのだから。









 

アスペルガーヘルメット

私はアスペルガーのヘルメットをかぶっている。

そしてそのヘルメットを通して物を見て、考えて、感じている。

ヘルメットなら取れそうなものだけど、全然取れる気配がないどころか、果たして取れるものなのか、それならどう取るのか、まったく分からない。

このヘルメットがない状態はどうなのか。

私が見えている世界はきっと人と違うものなのだろうけど、このヘルメットをかぶった状態しか知らないから分からない。



みんなそれぞれヘルメットをかぶっているよ。 

おかしいのはあなただけじゃない。

みんな違って、みんないい。

神様はあなたを目的をもって作られた。



ああ、もう、うんざりだ。

だったら1回交換してみて欲しい、このヘルメットと。

 続きを読む
最新コメント
アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索